京都から世界へ

株式会社京都科学

ご購入の前に

文字サイズ

S

M

L

English





HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

明治24年
島津源蔵が標本類の製作を開始
明治28年
島津製作所内に標本部を設置
昭和5年
ファイバー製マネキン完成
昭和19年
時代の要請により標本部閉鎖
昭和23年
株式会社島津製作所の標本部を継承し、京都科学標本株式会社を設立
資本金20万円、代表取締役社長に島津良蔵就任
昭和25年
東京都千代田区に東京支店開設
昭和26年
資本金を100万円に増資
昭和27年
京都市左京区に夷川工場開設
昭和29年
合成樹脂材料による仏像、人体模型の製品化に成功
昭和35年
夷川工場にて、科学模型の製作を開始
昭和39年
資本金を250万円に増資
昭和43年
資本金を500万円に増資
昭和44年
資本金を1,000万円に増資
昭和45年
伏見工場完成
本社工場、夷川工場を伏見工場に移転
昭和46年
X線ファントムを完成、販売開始
昭和47年
資本金を2,000万円に増資
昭和50年
京都府知事より内装仕上工事の許可を受ける
昭和53年
伏見区下鳥羽渡瀬町に本社新築移転
昭和54年
資本金を3,000万円に増資
昭和56年
本社工場内に製作工場(現工芸部、ミュージアム・システム部)を新築
昭和57年
資本金を5,000万円に増資
昭和63年
大阪中小企業投資育成株式会社の投資を受け資本金を8,000万円に増資
社名を株式会社京都科学に改める
建設大臣より内装仕上工事の許可を受ける
平成2年
関西文化学術研究都市内に開発センターを設立
平成3年
本社工場内に製作工場(現教育機器部第2工場)を新築
京都府知事より一級建築士事務所の許可を受ける
平成4年
本社工場内に教育機器部製作工場を新築
平成7年
東京都文京区小石川に東京支店購入移転
本社工場内の製作工場(現工芸部、ミュージアム・システム部)を増改築
平成12年
ISO9001認証取得(本社・東京支店)
「京都府中小企業モデル工場」の指定を受ける
平成16年
組織を改組し、教育機器部、工芸部、ミュージアム・システム部、保存技術研究所に改称
アメリカにロサンゼルス事務所開設
平成18年
教育機器部を教育機器事業部に組織を改組
平成19年
開発センター保存技術研究所を工芸部に統合し、開発センターを閉鎖
教育機器事業部生産技術課 鶴岡邦良、厚生労働大臣より「卓越した技能者」として表彰を受ける
平成20年
創立60周年を向かえ社史を発行
平成21年
新工場建設に着手
平成22年
第43回グッドカンパニー大賞グランプリを受賞 http://www.chukiken.or.jp

ページ先頭へ