医学・看護教育用シミュレータ

株式会社京都科学

ご購入の前に

文字サイズ

S

M

L

English





HOME > 医学・看護教育教材 > 医学教育用シミュレータ・トレーニングモデル > 臨床技術・穿刺/注射/内視鏡他 > CVC穿刺挿入シミュレータ

医学・看護教育教材

M93B

CVC穿刺挿入シミュレータ Ⅱ

メインビジュアル:CVC穿刺挿入シミュレータ

安全で的確なCVC穿刺挿入技術の修得のために。

  • 術前.術中.術後のトータルな流れが実習できます。
  • 手技のポイントを多角的にとらえ、マスターするまで繰りかえしトレーニングできます。
  • 3種類の実習用パッドを活用して効果的・効率的に学習できます。
  • シミュレータ活用例DVDが付属しています!

監修/指導:

千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター 田辺 政裕

大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科人間栄養学専攻長 教授 山東 勤弥

大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科人間栄養学専攻 教授  保木 昌徳

JFE健康保険組合 川鉄千葉病院 麻酔科 徳嶺 譲芳

▼活用事例をダウンロード(PDF)▼

CVC活用事例ダウンロード

特長

1. 実習部位の構造を三次元的に理解し、カテーテル挿入の実習ができます。

  • 透明パッドで静脈血管の分岐や骨格との位置関係を理解でき、さらにカテーテルを挿入し、挿入ルートを目視で確認できます。

2. リアルな感触・穿入感で、穿刺位置選定からカテーテル挿入までを実習、手技の成功と失敗を確認できます。

  • 付属のブラインドパッドを用いた実習では、骨格や血管を触診し、指先の感覚で確かめながら、穿刺位置の選定から静脈への穿刺、カテーテル挿入をトレーニングできます。内頸静脈穿刺では、総頸動脈の拍動が触診でき、内頸静脈への穿刺位置を選定する実習が可能です。
  • 手技の成功→注射器に血液(模擬)が吸引できます。

    手技の失敗(合併症)→注射器に空気が吸引されされます(気胸)。また、カテーテルが左鎖骨下静脈に入ったこと(位置不良)を目視で確認できます。動脈に刺さった場合は、センサーが作動し、警告ランプが点灯し、ブザーで知らせます。

3. 超音波下穿刺を繰り返しトレーニング

  • リアルタイムで血管や針先を観察しながら穿刺できる超音波ガイド下穿刺法は、より安全性の高い手技として導入が進められています。
  • 生体に近い超音波画像が得られ、超音波下穿刺法特有のテクニックや留意点を学ぶことができます。
  • 内頸静脈穿刺法に加えて、鎖骨下静脈穿刺法のトレーニングも可能です。
  • 超音波下穿刺トレーニングパッド(リアルベッセル)が付属しています。

    →超音波ガイド下穿刺の基礎であるプローブの操作や穿刺法をを効率的に学ぶことができます。

ページ先頭へ

製品構成・仕様


ページ先頭へ

関連製品・消耗品


ページ先頭へ