研究開発Interview

IT技術の活用で、
誰もが使いやすい
製品をつくる。

PROFILE

清水 邦寛(中途 2019年入社)

2019年中途入社。現在は、生産管理部研究開発に所属し、前職で培った技術・ノウハウを活かして、既存製品のリメイクを中心に、アプリケーションの開発を担当している。

入社の決め手と現在の仕事内容

アプリケーションの要件定義から
開発までトータルで担当。

前職ではITインフラやアプリケーション開発などをしていたのですが、もともとものづくりが好きで自社製品を持っている会社で働きたいと考え、京都科学への転職を決意しました。ものづくりを通じて、地元である京都から世界に向けて貢献できるのも魅力に感じました。
入社後は、既存製品のリメイクを中心に、なかでもシミュレータの操作に欠かせないアプリケーション開発を担当しています。開発要件の検討や調査、仕様書の作成など設計を含む上流工程から、協力会社との折衝やプログラミングによる実開発まで、幅広く経験。開発のプロセスはもちろん、教育現場で求められていることについても学びながら、仕事に取り組んでいます。より操作しやすく、理解しやすいものへとアプリケーションを改良することは、お客様の利便性向上に直結するもので、非常に重要な役割だと考えています。
また、アプリケーション開発は、技術の進化が早く、常に自己研鑽が求められる職種でもあります。プログラミングなどの技術力のみならず、市場動向などに広い視野も求められることを、私自身、社会人になってから特に痛感しました。また時には過去の技術を紐解く根気強さも必要だと考えています。

photo

仕事のやりがいと今後の抱負

技術や知識を磨き、
新しい製品開発に挑戦したい。

アプリケーション開発を行う上で、私が気をつけているのは独りよがりにならないということです。「自分しか知らない」「自分しかできない」というように技術や知識を独り占めするのではなく、誰でも使えるようにしておくことが重要だと考えています。そのため、過去に作成したプログラムをできる限り再利用することを心がけています。もちろん、だからといって新しい技術に挑戦しないわけではありません。常に新しい技術情報にアンテナを張り、自分の技術に磨きをかけるとともに、市場に関わる情報収集や分析も日頃から行うようにしています。そうした幅広い知見から、それぞれのケースにベストな技術を提案、よりよい製品開発につなげていくことにやりがいを感じています。
今後、AIを活用した製品が出来れば、どのように製品を使っているのか分析できるので、製品の使いやすさの向上が期待できます。そのために現在は、AIを用いたクラウドサービスの提供方法について勉強しながら模索しています。                             

あなたへのメッセージ

自分をレベルアップさせてくれる職場です!

当社は社員一人ひとりの学ぶ意欲を後押ししてくれ、チャレンジする中での失敗を「意義あるもの」として認めてくれる社風があります。私も入社してすぐにも関わらず「既存製品のアプリケーション改良をやりたい」と挙手して、それを担当させてもらった経緯があります。自分をレベルアップさせていきたいという意欲的な人には、会社でもサポートをしっかりしてくれるので、おすすめの会社だと思います。

photo

その他の社員紹介を見る