医学・看護教育用シミュレータ

株式会社京都科学
70th logo

ご購入の前に

文字サイズ

S

M

L

English





HOME > 医学・看護教育教材 > 医学教育用シミュレータ・トレーニングモデル > 臨床技術・穿刺/注射/内視鏡他 > 動脈採血シミュレータ

医学・看護教育教材

M99 11351-000

動脈採血シミュレータ

メインビジュアル:動脈採血シミュレータ

橈骨動脈の穿刺・動脈血採取のトレーニングに。
指先に触れるリアルな動脈拍動を特殊なポンプが実現。
穿刺時の感触のリアルさを追求。
シンプルな操作性。

監修/指導:

京都大学 総合診療部 小山 弘

動脈穿刺は採血やカテーテル留置を目的として行われますが、採血を目的とすることが多く、橈骨動脈・大腿動脈・上腕動脈などで行われます。橈骨動脈の穿刺が望ましいとされていますが、動脈が細いことから比較的難しく、失敗した場合苦痛を伴います。一回目の穿刺を失敗すると2回目以降の穿刺はより困難となるため十分にトレーニングする必要があります。


特長

  1. リアルな拍動を自動ピストン構造のポンプが実現、動脈の拍動を確認でき臨場感あふれる練習ができます。
  2. 血管の走行をできる限り正確に再現しています。
  3. 実際に近い感触の皮膚素材でリアルな手技を実現します。
  4. 穿刺部位の血管チューブおよび皮膚パッドを交換することにより、繰り返し練習できます。
  5. 実際に近い血液の逆流(バックフロー)が確認できます。
  6. 穿刺部位の表面に針跡が残りにくい素材を使用しています。
  7. 接続が簡単で水漏れしにくい工夫がなされています。
  8. 循環ポンプでチューブの洗浄があっという間にできます。

ページ先頭へ

製品構成・仕様

11351-000(M99)

【構成】
  • 腕モデル×1
  • 動脈穿刺部位 *下記参照×1式
  • 循環ポンプ AC100V-240V×1
  • 腕台×1
  • 模擬血液(粉末30g)×1
  • 広口びん×2
  • スプーン×1
  • 接続チューブ 黒・赤×各1
  • ビニールシート×1
  • 説明書×1

*穿刺部位(交換用予備含む)

  • 模擬皮膚(大)×2
  • 模擬皮膚(小)×2
  • 模擬血管×4本
  • シリコンベルト×1
  • 骨台×1

写真:11351-000(M99)


ページ先頭へ

関連製品・消耗品

写真:11351-010

11351-010
交換用皮膚1セット(大小各1個)

写真:11351-030

11351-030
交換用シリコンベルト4本組


写真:11351-040

11351-040
交換用血管4本組


ページ先頭へ