“評価型気道管理”|医学教育用シミュレータ・トレーニングモデル|京都科学

医学・看護教育用シミュレータ

株式会社京都科学
70th logo

ご購入の前に

文字サイズ

S

M

L

English





HOME > 医学・看護教育教材 > 医学教育用シミュレータ・トレーニングモデル > 基本診察・フィジカルアセスメント > 評価型気道管理シミュレータ

医学・看護教育教材

MW11 11390-000 Difficult Airway Management Simulator Evaluation System

評価型気道管理シミュレータ

評価型気道管理シミュレータ

経口気管挿管手技の定量的・客観的評価が行える
世界初の気道管理シミュレータ

正常含めDAM(気道確保困難症例)での手技を定量的に評価し
客観的フィードバックを行う 評価型シミュレータ!

監修・指導:

早稲田大学 理工学術院 高西淳夫研究室


特長

評価型気道管理シミュレータ

評価型気道管理 京都科学

評価型気道管理シミュレータの特長

評価型気道管理シミュレータの特長

製品構成・仕様

ユニット本体×1
録画用カメラ×1
モニター×1
取扱説明書


ページ先頭へ

関連製品・消耗品


【交換部品】

11392-090 マスクⅡ(評価型・トレーニング用)
11392-040 胸部皮膚
11392-050 左右肺(5セット組)
11392-060 胃(5個組)
11390-010 舌(喉頭蓋センサー付き)
11390-020 荷重・位置センサー


ページ先頭へ