US-16

膀胱内尿量測定ファントム

Start

41932-000   見積依頼

膀胱内の尿量計測をトレーニング

  • ADL
  • 排泄ケア
  • 看護アセスメント
  • 在宅看護
  • ポケットエコー

(価格は税抜表示)

特長 1. 膀胱内尿量の異なる4種のキューブ(50mL、150mL、300mL、尿閉・バルーン入りの4種類)で膀胱エコーを実施し、膀胱内の尿量を計測して測定できます
2. 在宅看護での携帯型(ポケット)エコー診断トレーニングが行えます
3. 病院で下部尿路機能回復のために実施する包括的排尿ケアの演習に活用いただけます
実習項目/評価項目 超音波装置による尿量計測
症例/病変 50mL・150mL・300mL(膀胱内尿量)/尿閉+バルーン
構成 ファントム本体 1台/膀胱キューブ 4種類/タルカムパウダー 1点/収納ケース 1点/取扱説明書
製品サイズ (約) 30 x 26 x 18 cm (12 x 10 x 7 in)
製品重量 (約) Phantom: 1.5kg / 3.3lbs / Body: 3.2kg / 7.1lbs
主要材質 軟質特殊樹脂/硬質特殊樹脂
監修・指導 弘前大学医学部附属病院総合診療部 学内講師 小林只
排尿自立支援・在宅復帰に 残尿測定は導尿によって測定されていましたが、現在では超音波診断装置を用いた残尿測定が推奨されています。令和 2 年度診療報酬改定では、入院時と外来での包括的排尿ケアに加算となりました。
開発者's Voice: 「初学者が上手くなるには」を考えました
初学者が上手くなるコツは、「頭の中の解剖図」と「超音波診断装置の画像」が一致すること。そこで教育上必要な部位にしぼり、尿量を正確に測定することができるようにしました。
CE規格 なし
医療機器クラス分類 なし
特定保守管理医療機器 該当なし
JANコード なし
更新年月日 2020年11月01日

戻る