呼吸音聴診シミュレータ “小児ラング”

監修・指導:飯塚病院 小児科部長 岡松由紀

photo

小児の聴診イメージをつかみ 臨床で活かせる肺音聴診学修を

photo

小児の肺音ならではの特徴を学修できます

呼吸数について

新生児から学童の呼吸数に合わせて、小児ラングは呼吸数15~50回/分で調整でき、基本的な学修に有効です。

心拍数について

小児ラングは呼吸数に合わせて心拍数が自動で設定されます。

音の伝播について

実際の小児に近い肺音の伝播を再現しています。例えば、成人と比較し、下肺野で上肺野の音が伝わりやすいように設計しました。

サイズについて

ボディのサイズは、1~5歳をイメージしています。胸部だけにすることで、想定する患児のイメージに幅を持たせるように設計しました。

特長

photo

無線複数台操作

グループ学修に活躍!

無線対応のコントロールPCで、最大5台までの遠隔操作ができます

  • 1台のPCで各小児ラングで異なる症例設定が可能
  • リアルタイムで症例の変更が可能

photo

両面からの同時聴診

前胸部・背部の”両面”から同時に聴診できます

photo

呼吸同期LED

LEDで呼気・吸気を表現。呼吸のタイミングを把握しながら肺音の聴診ができます。

グループ学習用スピーカで、肺音を聴きながらの演習にも効果的。

photo

プレイリスト作成機能

肺音20症例から実習内容に合わせて再生リストが作成ができます。

photo

エラーチェック機能

肺音を出力するスピーカの異常や呼称の有無を起動時に自動でチェックします。

photo

基本機能

photo 左:前胸部 右:背部

前胸部

1.気管 2. 右上肺野 3.左上肺野 4. 左下肺や 5. 右下肺野

背部

0. 左上肺野 1. 右上肺野 2. 右中肺野 3. 左中肺野 4. 左下肺や 5. 右下肺野

photo

詳細な症例解説

  • X線・CT画像を交えた症例解説で、それぞれの肺音の特長を視覚的にも学ぶことができます。
  • 小児特有の肺音の特徴や聴診の工夫を記載。
  • X線画像上で、聴きたい部位をタップっするとグループ学修用スピーカで音を出せます。

photo

肺音分類

American Thoraci Society と三上理一郎らによる肺音の分類(「ラ音の分類と命名」日本医師会雑誌94(12):2050-2055, 1985)を習得することを目標としています。

症例

正常:

正常

異常:

左下肺野で減弱/左肺全体で減弱/右下肺野で減弱/右肺全体で減弱

水泡音:

右下肺野で水泡音/両下肺野で水泡音/左下肺野で水泡音/両上肺野で水泡音/全体で水泡音/右上肺野で水泡音

捻髪音:

両下肺野で捻髪音/全体で捻髪音

笛様音:

気管支および上肺野で笛様音/全体で笛様音

いびき様音:

気管支および上肺野でいびき様音/全体でいびき様音

複合症例:

水泡音+いびき様音/捻髪音+笛様音

その他:

ストライダー