海外営業Interview

京都科学の高品質な
製品を広め、
世界中の
医療教育に貢献したい。

PROFILE

宮 昕怡(新卒 2017年入社)

2017年入社。大学3年生の時に交流プログラムで中国から来日し、卒業後、京都科学に入社。現在は、グローバル戦略部に所属し、中国語を活かして、海外営業を担当。現地のお客様の開拓だけでなく、販売代理店への教育も行うなど、仕事は多岐にわたる。

入社の決め手と現在の仕事内容

革新的な製品と
フレンドリーな社風が魅力。

創業70年以上という伝統がありながら、最新の医療シミュレータという革新的なビジネスを推進していることに興味を持ちました。国内市場ではトップシェア製品があり、経営も安定していることに加え、海外市場への進出も加速していて、事業の成長性も感じられました。人事担当者をはじめ、社員の皆さんがフレンドリーに接してくれ、働きやすい雰囲気にも好感を持ち、入社を決めました。
現在は海外営業課に所属し、中国とマレーシアを主に担当。1年のうち、3分の1は海外で営業活動を行う日々です。海外営業は直接お客様を訪問できる機会が限られ、現地代理店を通じて行うことが多くなります。そのため、海外営業時は、代理店と同行することが基本になります。国内にいる時には、代理店の営業をフォローしたり、営業時に説明しやすいツールを作成・提供したり、製品への理解を深めるための勉強会を企画・開催したり…。さらには学会への出展、ワークショップの開催などもあり、仕事内容は多岐にわたります。

photo

仕事のやりがいと今後の抱負

言語や文化を超え、
京都科学の製品を世界へ広げる。

世界、特にアジアでは適切な医療教育に十分とは言いがたい医療シミュレータがまだ多くあります。当社の高品質な製品を世界に広め、質の高い医療教育をより多くのお客様に届けたい。そんな情熱を持って、海外市場の開拓に当たっています。
日本とは考え方や慣習も異なり、意図を正しく伝え、理解してもらうことは簡単なことではありません。また私が入社する前は、当社スタッフは日本人で、代理店スタッフは中国人だったこともあり、コミュニケーションに苦労することもあったと聞いています。代理店と当社との橋渡しとして、より製品に関する知識はもちろん、当社の理念やスタンスまで理解してもらうことが、私に求められている役割の一つでもあると感じています。特に最近では、代理店向けにWebでの勉強会も導入するなど、十分なフォローができる体制づくりにも力を入れています。
仕事に情熱を注げば注ぐほど、新たな問題や壁にぶつかることも増えます。それを一つひとつクリアしていく中で、自分の考えや、やりたいことも明確になっていきます。当社は誰もが意見を言える風通しのよい環境で、若手もいろいろなことにチャレンジさせてもらえます。Web勉強会も私が発案し、先輩がバックアップしてくれたおかげで実現したものです。これからもさまざまな経験を積み、着実にステップアップし、海外シェア拡大に欠かせない唯一無二の人材になっていきたいと思います。

あなたへのメッセージ

世界中へ京都科学の製品を届けよう!

私自身、来日した当初は中国で就職するつもりでしたが、周囲の人たちが就職活動を始めるのを見て、私も「日本の企業を知るよい機会だ」と就職活動を行いました。そのなかで京都科学に出会い、入社しました。ありのままの自分を出していけば、きっとよい企業に巡りあうことができると思います。当社では、海外事業の強化のために外国人採用を増やしており、外国人でも働きやすい環境が整えられていると思います。一緒に世界に当社製品の魅力を伝えていきましょう!

photo

その他の社員紹介を見る